公益社団法人 甲府市薬剤師会|救急調剤事業|学校薬剤師支援事業|講演会の開催|山梨県甲府市|

qrcode.png
http://kofushiyaku.jp/
モバイルサイトにアクセス!
公益社団法人
甲府市薬剤師会
〒400-0857
山梨県甲府市幸町14-6
TEL.055-236-5200
FAX.055-236-5201
E-mail.
 
 
 
薬との上手な付き合い方

副作用を防ぎ、薬を安全に使うために、薬は決められた量や回数を守って服用しましょう。
 
服用時間
-服用時間の目安-
 食前:食事の前(約30分前)に飲む
 食後:食事の後(約30分以内)に飲む
 食間:食事の2時間から2時間半後に飲む
 屯用:症状のひどいときや発作時に指示どおり飲む
 
用法
「1日3回」や「6時間ごと」など、薬にはそれぞれ用法が決められています。決められた用法は必ず守りましょう。
 
用量
薬は体の中に一定の薬があるときに効き目を現します。多すぎても少なすぎてもいけません。
飲む量を半分にしたら効き目も半分、倍飲めば効果も倍、ということはありません。
自分の判断で増やしたり減らしたりせず、飲む量はきちんと守りましょう。
 
正しい薬の飲み方
コップ一杯くらいの水か白湯で飲みましょう。
寝たきりの方も、可能な場合はできるだけ上半身を起こして飲ませてあげましょう。
 
薬を飲み忘れたら?
薬を飲み忘れたからと言って、まとめて飲んではいけません。
たとえば糖尿病の薬は、多く飲むと低血糖を起こしてしまいます。
また、抗てんかん薬など血中濃度をきちんと維持することが大切な薬は、不規則な飲み方はとても危険です。飲み忘れに気づいたら、自分で判断せず、医師や薬剤師に相談してください。
 
一般的には.......
食後・食前に服用する薬の場合
 
次の服用時間までに時間の間隔がある場合は、飲み忘れに気づいたらすぐ飲みます。
  次の服用時間が近い場合は、1回分飲むのを止めます。(2回分をまとめて飲んではいけません)
 
食後服用の薬は食事をとらない場合でも、服用時間がきたらきちんと飲みましょう。
(ただし、糖尿病の薬など、食事をとらない場合には服用しない薬もあります。詳しくは医師や薬剤師にご相談してください。)
 
「○時間おき」に服用する薬の場合
 
6時間おきなど、服用時間が定められているものは、飲み忘れ分を飲んだ後、次の服用時間を遅らせるなどの工夫をします。
 
あくまでもこれは一般的な目安です。あらかじめ、薬を飲み忘れたときの対処法や食事が不規則な場合の飲み方等を相談し、確認しておきましょう。
 
      
<<公益社団法人 甲府市薬剤師会>> 〒400-0857 山梨県甲府市幸町14-6 TEL:055-236-5200 FAX:055-236-5201